赤い人の乱記

ΤСGとバンドの事を書いていきます。 人間性は参考になりませんが、レシピやレポートは参考になる記事を目指して、日々精進しようとする、とあるTCG灰人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっとしたこと

皆さんどうも紅蓮ですどうもどうも♪(o・ω・)ノ))

ここ何日かは毎日更新が出来ているのでこの調子でいきたいとおもうところ

先日は広島非公認「青龍杯」にご参加頂きありがとうございます。大会の上位入賞デッキは、過去の記事で公開中ですので是非一度ご覧ください

さて本題に移りますが、今後の非公認の新企画として、「バトスピレガシー」つまり伝説、究極カードの使用制限を無しにしたイベントを企画中です。つきましては、その「バトスピレガシー」について皆さんに意見を頂きたく文章にしました。
ちなみに今僕として考えているルールはコチラ↓
1、制限時間等の周辺ルールは現状通り
2、サイドボード15枚制
3、最終目標は本戦レギュレーションとして導入

という感じで考えてます

最終目標はレギュレーション導入とは言っても、最初のうちは通常構築の大会に参加していただくプレイヤーさんにはあらかじめレガシーのデッキを組んでおいて頂き、対戦の合間にフリーとして遊んでおいてもらって、そこから少し浸透したらサイドイベント。そこから更に出来るようになれば最終目標達成。という感じにステップアップ出来ればいいなと考えています

実際に過去に関東で一度レガシーの非公認が開催されたり、バトスピMAXのでサイドイベントとしてレガシーの大会があったり等、何度か機会はありましたが、どちらもあまり参加人数はそう多くなく、いきなり大会!とは行かず、段階を踏むべきだと考えており、少しでも皆さんの意見が聞ければなと思ってます

僕個人の狙いとしては、今よりもより広いカードプールでバトスピを楽しんで欲しいなと思って企画しました。是非ご協力ください
スポンサーサイト
  1. 2013/09/25(水) 17:36:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯のデッキ分布とかエトセトラ

昨日で死亡フラグを立ててしまった当ブログですが、これより青龍杯のデッキ分布と言う名の延命処置を取ります。いつまで続くことやら…

青龍杯の参加者は48名で、その中の内訳がコチラ↓
6名【緑】
5名【マ・グー】
4名【白緑軸ビート】【白紫】【白ビート】
3名【赤白ウィニー】【赤緑ウィニー】【紫コン】【ロック】
2名【ヒドラ】【白重】
その他
※使用者が1名のデッキはその他としています

ちなみに予選通過デッキの分布はコチラ↓
2名【白緑軸ビート】
1名【ターボLO】【赤白ウィニー】【白ビート】【マ・グー】【紫コン】【ロック】

個人的に意外に思ったのが、最大勢力が緑だと言うことですかね
今月から施行された制限改定によりかなりの弱体化を強いられたかに思われた緑ですが、まだまだ使用者も多く、予選でもそれなりの結果を残していたと思います。ただしかし、6名の使用者の中で予選突破を果たしていないところも見逃せません

そんな中急激に勢いをつけているのが青龍杯を優勝し、2名の使用者が予選突破をしている【白緑軸ビート】です。これは既存の白緑ビートはもちろんですが、これに紫を混ぜたデッキはここからまだまだ延びしろがあると思ってます

今までのこのデッキは、今大会でも2名使用者がいた【白重】に対しての解答を用意できないことが最大の問題点でありましたが、「アルティメット・オーディン」の登場により、そういったデッキに対しての解答を用意できたのが、メタ入りの理由になったと思います

それに対して【白重】や【ロック】などの重速デッキは、「アルティメット・オーディン」に加え「氷楯の守護神オーシン」などのドローメタの絶対数が増えたことで予選突破が1名となったのでしょう

この結果も踏まえ、今後のメタ読みが楽しみになってきましたね

あっ、あと、10月20日の淡路、11月17日の徳島の非公認へ連れてってくれるドライバーを募集中です♪(o・ω・)ノ))
  1. 2013/09/24(火) 20:06:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯 優勝デッキレシピ

さてこれで最後よーん

青龍杯優勝デッキ(予選2位)
【プレイヤー名】トダッチさん
【一言コメント】岡部さんがやってくれます!!

黒皇機獣ダークネス・グリフォン2
戦術機神コナン・バウル3
双銃機神ディルム・ダイナ1
ジャコウ・キャット3
要塞蟲ラルバ3
氷楯の守護神オーシン3
ボーン・ダイル3
シュライクン3

アルティメット・オーディン3

スカルガルダ3
獣爆マナティ・マローダ2

光速三段突2
マーク・オブ・ゾロ2
絶甲氷盾2
ドリームホライゾン3
ストームアタック1
双光気弾1

岡部さんはやってくれませんでしたが、栄光の青龍杯優勝デッキは「白紫緑」です
このデッキは全国各地の大会でも結果を出しているデッキですね。これからの環境を担うデッキの1つになってくれるでしょう
基本は既存の白緑ビートと同じですが、それに加えて、ドロソからフィニッシャーまで兼任出来る「黒皇機獣ダークネス・グリフォン」やウィニーへの解答としての「戦術機神コナン・バウル」を投入出来ることにより、より柔らかくなったデッキと言えるでしょうね

さて、ここまでで青龍杯入賞者のデッキ公開は全て終了。入賞者の皆さん。おめでとうございました!

じゃあこれでまたここがぐーたんの放置ブログになってしまうかもしれませんが、これからもよろしくお願いしますねぇ~
  1. 2013/09/23(月) 21:03:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯 ベスト8デッキレシピ

青龍杯ベスト8デッキ
(予選1位)
【プレイヤー名】ぷてらさん
【一言コメント】魔王がなくてすいません
デッキ名「魔王デッキ改」

双銃機神ディルム・ダイナ2
要塞蟲ラルバ3
氷楯の守護神オーシン3
ダンデラビット3
ヤミヤンマ2
イグアバギー2

アルティメット・オーディン2
アルティメット・スルト3

砲凰竜フェニック・キャノン2
獣爆マナティ・マローダ2
オオヅツナナフシ2

光速三段突2
ドリームチェスト2
絶甲氷盾2
ドリームホライゾン2
ストームアタック1
双翼乱舞3
リバイヴドロー2
双光気弾1

予選1位で抜けたプレイヤーは、前回大会「幻龍杯」を「魔王バロール」が光ったデッキで優勝したぷてらさん。
今回のデッキはアルティメットを5枚投入した白緑ビート。白いアルティメットが強いから思い出したように…。なんてのはよくあること。個人的には現環境においてトップメタの1つ

(予選3位)
【プレイヤー名】Hawkさん
【一言コメント】なし

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード1
焔竜魔皇マ・グー2
サンク・シャイン2
ムゲンドラ3
イグアバギー3
ライトブレイドラ3

アルティメット・ジークフリード2
アルティメット・オーディン2
アルティメット・スルト2

英雄皇の神剣2
灼熱の谷1

光速三段突2
サジッタフレイム2
ブリザードウォール2
絶甲氷盾3
救世神撃覇2
双翼乱舞3
ネオ・ダブルドロー2
双光気弾1

次のデッキは「焔竜魔皇マ・グー」を軸にして安定した手札の補充や除去を遂行していくデッキ
まだまだどんな大会でも一定数の使用者がいるデッキでもあり、安定した勝利数を稼いでいけるデッキ。これかも今まで通りの活躍が期待できます

(予選同率5位)
【プレイヤー名】レオンさん
【一言コメント】目指せ優勝!

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード1
道化姫トリックスター1
放浪者ロロ3
闇騎士トリスタン1

アルティメット・オーディン2

疾風の妖刀ウスバ・ハヤテ2
神聖鳥サンダ・バード3

侵食されゆく尖塔3

パニックヴォイス1
光速三段突1
覇王爆炎撃1
サジッタフレイム2
インフェルノアイズ1
妖鼻吸血爪2
絶甲氷盾3
フェーズチェンジ2
双翼乱舞3
リバイヴドロー2
ネオ・ダブルドロー1
救世神撃覇1
デッドリィバランス2
デッドエンドフィールド2

書いてて気持ち悪くなった予選5位のデッキはピーキーな構築が光るフルカラーコントロール
いろーんなマジックで相手のカードをさばいていき、じわじわと削っていくデッキ
毎度思いますが、「闇騎士トリスタン」がいい仕事してますねぇ~。オマケに今回は「疾風の妖刀ウスバ・ハヤテ」が投入されています。それは苦手な「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」デッキへの一発解答にもなりますしね
後、このウスバハヤテは6コスなのだな…。おえっ…

(予選7位)
【プレイヤー名】ユイさん
【一言コメント】頑張ります

白蛇帝アルデウス・ヴァイパー3
呪の覇王カオティック・セイメイ2
闇王蛇ペンドクルス2
ネガ・テュポーン3
ブロンズメイデン3
シキツル3

紫雷の霊剣ライトニング・シオン3
騎士王蛇ペンドラゴン1
スカル・ガルダ2
ヒヒ・ボーン2

偽りの地下帝国3
旅団の摩天楼3

マジックブック1
マーク・オブ・ゾロ2
ソウルスライド1
フェーズチェンジ2
ストラングル・フォッグ1
トーテンタンツ1
スパイラルヴェイン2

男まみれのむっさーい空間に紅一点予選を通過したのがJCのユイさん。デッキは紫コントロール
相手のコアを飛ばして除去していき、徐々に相手の選択肢を奪っていくので赤や緑には相性がいい。しかも青龍杯では今挙げた2つのデッキは比較的多かった印象です

苦手な装甲や重装甲は「紫雷の霊剣ライトニング・シオン」や「スパイラルヴェイン」で色を無くして徐々に入れるのであまり気にならないかもしれませんね

さて、次はお待ちかねの優勝デッキです。疲れた…
  1. 2013/09/22(日) 12:48:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青龍杯 準優勝デッキ

ちょっと体調が悪くて更新が遅れてしまいました。すんまへん…
今日から気を取り直して準優勝のデッキ

青龍杯準優勝デッキ(予選同率5位)
【プレイヤー名】ゴーハラさん
【一言コメント】お久しぶりです

機動要塞キャッスルゴレム3
鉄の覇王サイゴード・ゴレム3
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード1
巨人猟兵オライオン3

バルカンアームズ1
砲凰竜フェニック・キャノン2

アトライア海帝国3
海の主の大口3
オリンスピア競技場3
青玉の大迷宮3

サジッタフレイム2
絶甲氷盾3
双翼乱舞3
秘剣燕返2
ストロングドロー3
ソウルリッパー2

初見では「ヒドラかな?」と思ってしまいそうなライブラリーアウト。何よりスピードを重視したタイプ
割りきったデッキの宿命とも言える打たれ弱さも、青いネクサスたちでコントロール出来るので多少は立ち回れる

相手にヒドラだと思わせて構えさせてからフィニッシャーでデッキを奪う
「コントロールしてキャッスルゴレムヴェェェェイ!!」みたいなイメージのあるライブラリーアウトデッキですが、ちゃっちゃとテンポよく相手の選択肢を削いでいくデッキです。嫌いじゃないw

では次はお待ちかねの優勝デッキ!…。ですがその前にベスト8位のデッキをまとめて公開です
  1. 2013/09/21(土) 21:23:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯 4位デッキレシピ

さて4位のデッキに戻ります

青龍杯4位デッキ(予選8位)
【プレイヤー名】フジモトユウガさん
【一言コメント】頑張ります

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード1
白亜元帥レイ・ザウラー2
双銃機神ディルム・ダイナ2
戦術機神コナン・バウル2
ワルキューレ・ミスト2
ドラゴナイト3
ジェロニモンド2
ジャコウ・キャット2
ムゲンドラ3(白)

アルティメット・オーディン3
アルティメット・スルト3

夢幻の天剣トワイライトファンタジア2
ヴィクトリー・ホワイト・ドラゴン2

水銀海に浮かぶ工場島2

光速三段突2
サジッタフレイム1
絶甲氷盾2
フェーズチェンジ2
双翼乱舞3

青龍杯4位のデッキは、今年の香川GCのスタン代表のユウガくんが使った白の中速と言ったとこでしょうかね

僕が気になったとこは速いデッキに対応できるカードが沢山積まれているので速度の速いデッキにはある程度耐久もあり、自身でもアルティメットを6枚積んで、ダメージレースにも負けない仕様になってますね

後は「ワルキューレ・ミスト」などのアンタッチャブルを展開していってテンポを取っていき、そのままゲームエンドまで持っていくといったところ

さて、次は準優勝のデッキ
  1. 2013/09/18(水) 20:42:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

青龍杯 3位デッキレシピ

ちょっと今回は3位からの公開。理由は後程

青龍杯3位(予選4位)
【プレイヤー名】机の虫さん
【一言コメント】なし

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード1
氷楯の守護者オーシン3
ムゲンドラ3
シャムシーザー2
ライトブレイドラ3
ブレイドラ1
ファイザード1

アルティメット・ジークフリード3
アルティメット・オーディン3

砲凰竜フェニック・キャノン2

三札ノ術2
バーストブレイク2
絶甲氷楯3
双翼乱舞3
ネオ・ダブルドロー3
トライアングルトラップ2
双光気弾1
幻影氷結晶2

どうしてわざわざ3位から載せたかと言うと、このデッキを個人的にとっても気に入ってしまったから。
早々にアルティメットを展開していき、MTGで言うところの「呪禁バント」のようにコツコツ殴ってテンポを取っていくデッキ
新構築でバトルをした方なら分かると思いますが、今の環境はアルティメットを展開した方の勝ちです。つまり出したもん勝ちです。
そんなダメージレースに一方的に打ち勝てるいいデッキだと思ったのでいち早く紹介しました

では明日は4位のデッキです
  1. 2013/09/17(火) 16:44:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯お疲れ様でしたー


予定がギュウギュウに詰め込まれていたこともあり、2日相手しまいましたが、青龍杯にご参加くださった皆さん。本当にありがとうございました!

なんと今回は全国各地から様々なプレイヤーさんにお越しいただき、参加人数48人という大盛況となり、とても嬉しかったです
ただ、運営が僕だけだったということもあり、若干進行に難があったので次はジャッジのゆきりそ君と日にちの調整をしたいと思います

上位入賞者のデッキレシピですが、早ければ今日中に1つ目を載せたいと思いますので乞うご期待!

では今週も1週間頑張りましょー!
  1. 2013/09/17(火) 13:18:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青龍杯後の祝勝会についてのお知らせ

広島非公認「青龍杯」を4日後に控え、意気揚々としてます紅蓮です

それはそうとその青龍杯が終わった後に、零君の祝勝会をやるらしいのですが、幹事のレコさんが人数を把握しておきたいとのことだったので掲載しておきます。
特に遠方から来られる方は1度目を通しておいてください

参加を希望される方はコメントをお願いします
尚、祝勝会から参加も大歓迎です

場所「居酒屋鶏三味」広島駅から徒歩30秒
飲み放題+コースの2時間
料金「人数次第ですが1人3000円弱。小学生以下は半額」
お子さま連れの方でも大丈夫とのことなので安心してください

一応お店は7時から取ってあるそうです

非公認のあとも盛り上がろうぜ!
  1. 2013/09/11(水) 16:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【必見!】青龍杯での詳しいルール

青龍杯での詳しいルールです。予め確認をお願いします
尚、当日のMCでは、時間短縮の為ここで書かれているルールは説明しませんので注意してください

・予選スイスドローについて
試合は4~7回戦1マッチ40分制限スイスドローの2本先取で行います。
もし時間内でマッチの決着が付かなかった場合、今行っているプレイヤーのターンを0ターンとして、3ターンまでエキストラターンを行います。そこでも決着が付かなかった場合はそのゲームは引き分けとなります

※4ターン目のスタートステップは行いません。例えばプレイヤーAがエキストラターンの3ターン目(最終ターン)に「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」の効果を使って、プレイヤーBのデッキを0にした場合でもそのゲームは引き分けです

勝ち→3P
引き分け→1P
負け→0P
として、予選が終わった時点でポイント数の高いプレイヤー上位8名もしくは4名が次の決勝トーナメントに進出できます。

※同点の場合はオポ差で順位を決めさせて頂きます

・決勝トーナメントについて
決勝トーナメントは予選の上位8位もしくは4名で行う1マッチ40分制限トーナメントの2本先取です。
8名の場合は3回戦、4名の場合は2回戦です。尚、3位決定戦も行いますので、準決勝で敗れたプレイヤーは残っておいてください

・サブトーナメントについて
サブトーナメントは決勝トーナメントに出場しないプレイヤーのみで行う1マッチ15分制限のトーナメント1本先取です
もし時間内でマッチの決着が付かなかった場合、今行ってるターンを0ターンとして、3ターンまでエキストラターンを行います。そこでも決着が付かなかった場合はライフ差の多さ→残りデッキ枚数の多さ→デッキ構築枚数の少なさ。の順に勝利条件を設け、それを基準に勝敗を判定していきます。もしその3つとも同じ場合はジャンケンで勝敗を決めて頂きます
尚、サブトーナメントは全勝者が出るまで行います

以上でルールの説明を終了します。その他不明な点がございましたらどうぞ遠慮なく僕までー

それでは当日お待ちしておりますぞーい
  1. 2013/09/08(日) 00:12:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。