赤い人の乱記

ΤСGとバンドの事を書いていきます。 人間性は参考になりませんが、レシピやレポートは参考になる記事を目指して、日々精進しようとする、とあるTCG灰人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【BS】使わせない強さについて


各所ではフラゲが始まってるみたいですね。僕も500円だけ回してリーフ・シードラが出てきたので満足してます

そんでもって今回のテーマはそのリーフ・シードラにも関係があるお話

~前提~
バトスピの傾向のとして「相手の使うカードを制限するカード」が強いとされています、(力奪う凱旋門)に始まり最近では(ウィッグバインド)や(タイラントール・ネロ)バーストに限っては(黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ)もそうですね
ちょっと違うかも知れませんが、(魔法監視塔)や(ザントライ)などの氷壁も同カテゴリーに部類されます(と自分で勝手に思ってる)

~なぜか~
ではなぜ強いか?と言うのを論理的に説明したいところですが、あいにく僕はド文系なもので無理に説明するとなると訳が分からなくなるので噛み砕きますねぇ…(申し訳無い…)

例えば、自分の場に何もない状態で、手札に(極龍帝ジーク・クリムゾン)が2枚くらいあるとします。すると当然そのカードは腐ってしまって何もすることが出来ません
要はそう言った状況を相手によって作り出されると言うことです

場に何もない状態で(俊星流れるコロッセオ)の効果で手札の(双翼乱舞)が腐る
その他防御マジックが撃てないなど、相手の選択肢を奪った上で行動出来るので、その分自分のプレイングの幅も広がるところが強みでしょうか

(黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ)をつけて殴ってバーストの読みをする必要が無くしたり、(タイラントール・ネロ)で殴ってマジックを警戒する必要を無くしたりと

自分のプレイングに余裕を持って行動すると言うのも重要でしょうか
スポンサーサイト
  1. 2012/12/20(木) 11:00:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【BS】あけおめでーす | ホーム | 【告知】追悼杯>>

コメント

明けましておめでとう!
  1. 2013/01/01(火) 21:52:10 |
  2. URL |
  3. ザーボン太郎 #L9ACpnHw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatsuguren.blog117.fc2.com/tb.php/334-35bc802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。